スクリーンリーダー用に表示内容を最適化

音声ブラウザ向けページ内リンク

本文へ進みます

サブコンテンツへ進みます

メインナビゲーションへ進みます

ページナビゲーションへ進みます

音声ブラウザ向けリンク終了

ここからメインナビゲーションです。

ここまでメインナビゲーションです。

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。

 北九州市障害福祉情報センター > ひこうせん未来 > 85号(最新号) > 

ありの「スポーツどうなん?」

情報誌

ここからページナビゲーションです。

ここまでページナビゲーションです。

ここから本文です。

ありの「スポーツどうなん?」

北九州市障害者スポーツセンター アレアス

所 長 有延 忠剛

 

第59回 「二つの必然」その1


「共生社会の実現」という言葉を目や耳にする機会が年々増えている。
 さらにその実現に向けて、スポーツに寄せられる期待感が年々高まっている。
 そんな中、ふうせんバレーボールは誕生から30年を迎えた。故人も含め30年に渡る関係者の努力の積み重ねの成果として、ふうせんバレーボールは共生のスポーツとして国内外に広がってきた。
 なぜ、多くの人々から共生のスポーツとして評価されているのか。そこには、他のスポーツには存在しない二つの必然があるのだ。
 それは何か。

 「障がいのある人もない人もともに参加できるスポーツだから」か、それとも、「チームの全員が必ず一度はボールに触れて返球するルールとなっているから」なのか。
 実はそれらは、ある必然の中で具現化されたものであるに過ぎない。

 必然たる一つ。それはそもそも、ふうせんバレーボールというスポーツが「共生を願って生み出された」ものであるということ。つまり、ふうせんバレーボールは一つのスポーツであると同時に、生み出された当初から、人々が「共生」を目指すための「手段」だったのだ。

 重度障がい者のために生み出されたスポーツが、その普及発展の過程の中で共生型スポーツとして取り扱われるケースは多い。
 次回は、ふうせんバレーボールがなぜ共生のスポーツとされるのか。ふうせんバレーボールを考案した中心人物に隠される「二つ目の必然」について触れたい。


ここまで本文です。

印刷用のページを表示する

ここからサブコンテンツです。

ここまでサブコンテンツです。